身長を伸ばす方法|プロテインの効果

 

低身長の親から低身長の子供が生まれる遺伝的影響は25パーセントから30パーセントと低く、子供の身長は環境や栄養、生活習慣によって左右される割合の方が大きく影響します。親が低身長でも子供の身長を伸ばしたい場合に最も重要で根本的な身長を伸ばす方法は、バランスの良い食事と運動、睡眠による成長ホルモンの分泌です。

 

身長を伸ばす栄養素は、骨の土台になるカルシウムと吸収効率の悪いカルシウムを定着させるマグネシウムとビタミンD、骨を作るタンパク質の元になるプロテインと亜鉛とコラーゲン、コラーゲンを生成するビタミンCなどで、これらを食事で摂取することで骨が育ちます。
亜鉛が多く含まれている食品は牡蠣や牛肉及びレバーやチーズ、マグネシウムが多い食品は納豆やなまこ及び赤みそや乾燥あおさですが、これらを身長が伸びるほど食べようとすると効率が悪いので、サプリメントで摂取するのがおすすめです。また、亜鉛とマグネシウムに加え、プロテインもサプリメントで飲んだ方が良質なプロテインを摂取できます。

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、毎朝3000ルクス以上の日光を浴びることにより朝と夜の副交感神経が切り替えられるため、日中に数時間ほど外で日の光を浴びることも大切です。日光はビタミンDの元にもなるため、骨を強くすることにも役立ちます。

 

成長ホルモンを分泌する栄養素はアルギニンで、牛乳や大豆及び油揚げや高野豆腐に多く含まれますが、アルギニンも通常の食事で摂取するには大量に食べなければいけないため、サプリメントで摂取するのが効率的です。

 

子供の身長は遺伝では決定しないため亜鉛やマグネシウム、プロテインやアルギニンのサプリメントを与えると身長の伸びが期待できます。