子供の背を伸ばす方法のポイントについて

 

子供は成長期にあるため、身長が小さいからと言ってもまだまだ可能性はあるので諦める必要はありません。子供の背を伸ばす方法としては、食事、運動、睡眠の3つのポイントがあります。

 

始めに食事ですが、背を伸ばす方法として昔からカルシウムの摂取を第一に考える方がいますが、カルシウムより先に大事なのがタンパク質になります。もちろんバランスの良い栄養素としてカルシウムも必須になり骨格を大きくする必要がありますが、骨の末端部分に骨端線と言われるものがあります。この部分は軟骨組織が集まって出来たもので、成長ホルモンの働きかけにより増殖し、層の積み重ねによって骨は伸びます。軟骨部分の原料となるのがタンパク質になります。肉やタマゴ、魚、チーズなどからタンパク質を摂取する必要があります。

 

2つ目のポイントの運動は、身体全体を使った運動が必要です。例えばストレッチなどを重点にした曲げる、反らす、ひねる等も身長を伸ばす方法としては最適です。また、ジャンプするスポーツ例えばバスケットボールやバレーボールなどは身長を高くすると言われていますが、ジャンプした際に骨に重圧がかかり骨芽細胞が刺激され骨が硬く丈夫になるだけで、実際に身長が伸びる理由とは関係がありません。身体全体を使った運動は、骨に栄養を行き渡らせながら睡眠時に熟睡を促し骨の成長に必要な成長ホルモンの分泌を増やします。

 

3つ目のポイントの睡眠は、軟骨層の細胞増殖が身長を伸ばす方法になり、それには成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンは昼間や食事の後にも分泌されますが、夜間熟睡している時が1番多く分泌されます。よって夜間に規則正しく寝ている子供の方が成長ホルモンをより多く分泌されます。

 

以上の様に背を伸ばす方法のポイントは3つありますが、現代の子供たちはどれも不足してるため、食事、運動、睡眠を見直す必要があります。

 

身長を伸ばすサプリメントってどう?