身長が伸びる方法|基本的なストレッチと注意点

 

子供の身長が伸びる方法の一つとしてストレッチが挙げられますが、それには確かな理由があります。それはストレッチが新陳代謝の活発を促すからです。

 

子供の身長が伸びるメカニズムにおいて睡眠や成長ホルモンなど様々な要素が関わっていますが、そのうちの一つとして甲状腺ホルモンが重要な役割をしています。
甲状腺ホルモンとは甲状腺から分泌されるアミノ酸誘導体のホルモンで、エネルギーの産出量の増大や基礎代謝の促進など細胞の代謝を上昇させる働きを持つホルモンです。正確に言えばその作用は魚類や両生類など動物によって異なりますが、基本的な働きは変わりません。人間にとっては甲状腺ホルモンは骨を伸ばす効果があります。

 

つまり甲状腺ホルモンの増量こそが身長が伸びる方法だというわけです。特に第一次性徴時の子供には抜群の効果があります。

 

ストレッチについては難しい工程は必要ありません。例えば身長が縮むと言われている猫背を意識したら、後回しにせずに大きく伸びるだけでも身長を伸ばす効果があります。鉄棒でぶら下がるのも良い方法です。継続的に行うなら前屈は外せません。前屈は背中を全体的に柔らかくする効果があり、結果的に身長が伸びる事に繋がります。それから足首や膝、関節など基本的なストレッチはおすすめです。

 

しかしストレッチをする際には注意点があります。1つは無理をして体に負担をかけない事、もう1つは呼吸を意識して酸素を全身に巡らせる事、そして最後の1つは寝る前に行う事です。最後の注意事項は甲状腺ホルモンが一定の量を分泌される時間が睡眠中だからです。つまり効果が深まるのは夜なので、その時間にストレッチを行うのは見過ごせないという事になります。