身長を伸ばす方法(中3)|サプリで栄養を補助

 

日本人の平均身長は男性で170cm、女性では158cmとされています。身長には遺伝が影響するとも言われていますが、遺伝要因による身長の影響は4分の1程度と言われているので、残りの4分の3は努力や工夫で伸ばせる余地があるといえます。

 

ところで身長の成長にとってカギを握るのは、骨の先端にある骨端線にあります。人体の骨と骨の間には、クッションの役割を果たす軟骨が存在していますが、成長過程の子供では軟骨の成長が途上にあります。この軟骨が成長することで身長も伸びることになります。

 

この成長する軟骨部分こそが骨端線です。骨端線が残っているうちに、身長をのばすための対策をとることが必要です。男性では18歳頃まで残るとされていますが、女性では15歳頃には骨端線も消失していくので、女性では中3頃が身長をのばせる限界に差し掛かるので、対策を急ぐ必要があります。

 

身長を伸ばす方法として、必須なのは成長ホルモンが十分分泌できるように睡眠を見直す必要があります。成長ホルモンは就寝中の、脳が休息しているとき(ノンレム睡眠)脳の視床下部から分泌指令が出されます。人間には体内時計があり、成長ホルモンが大量に分泌される時間も午後10時前後とされています。従って、午後9時頃には就寝して、10時前後にノンレム睡眠を迎えるように生活習慣を整えましょう。

 

もちろん成長期にあっては、軟骨組織の成長のためにバランスの取れた食事も大切ですが、成長期にあわせた栄養素を摂取するように注意することが必要です。

 

骨の成長のためのカルシウムの必要性は広く認知されていますが、人体の組織はたんぱく質で出来ています。そのため成長期には特にシトルリンやヒアルロン酸などのアミノ酸を多く必要とされます。食事で全てカバーするのは難しいので、サプリなどを補助的に使用するもの一案です。